《GAZOORacing86/BRZRace 第2戦 岡山国際サーキット》

KTMSは、2015年4月25日(土)・26日(日)と岡山国際サーキットにて開催されたGAZOORacing86/BRZRace 第2戦に参戦し、開幕戦に続き圧倒的な走りで見事2連勝となりました。

【4月25日 公式予選 天気:晴れ】

旗

4月とは思えないほどの気温の中、予選への準備が着々と進んでいきます。

谷口選手が自らスポンサーのステッカーを貼りかえる場面も見られました。チーム全員が1枚1枚心を込めて、最愛のマシンに丁寧に貼っていきます。

谷口選手ステッカー sutekka-

予選タイムは1’51.120

決勝は2番手からのスタートとなりました。

目指すはもちろん優勝。明日の決勝に向けて、各自最終準備に入ります。

順位 全員

 

【4月26日 決勝戦 天気:晴れ】

予選に続き決勝戦も最高のお天気に恵まれました。

神戸トヨペット86オーナー様方も応援に駆け付けて下さり、チームもより一層モチベーションが上がります!

谷口選手2 応援

予選でポールポジションを獲得したのは♯770山田英二選手。

そして谷口選手のうしろには、岡山のスペシャリストでもある♯906阪口良平選手が並んでいます。

いったいどのような展開が待ち受けているのでしょうか。決勝スタートです!

応援2

決勝レースはスタートから波乱が起きました。ポールポジションの山田選手がホイールスピンを起こしスタートが遅れます。その間谷口選手は完璧なスタートをきめ、スタート直後すぐにトップへ踊り出ます!

その後もペースが上がらない山田選手は、阪口選手・6位スタートの青木選手にオーバーテイクされ、1周目終了時点での順位は1位谷口選手、2位青木選手、3位阪口選手、4位山田選手となりました。2位争いが激化する中、谷口選手は1.872秒のリードを作ります。

レースは接近戦の2位争いが続き、谷口選手は後続とのタイム差を1.6秒から1.8秒の範囲に維持しながら、自身のペースをコントロール。

CSC_0006 DSC_00092

マシンに負担をかけることなく安定したペースで走り、見事そのままトップを譲らず2連勝を飾りました!!

DSC_00082 DSC_00192

【結果】

決勝レース:周回数12Laps

最終結果:優勝

タイム:22’37.892

 

タイヤ

第3戦は6月6日(土)・7日(日)、富士スピードウェイにて開催されます。

今後ともご声援のほど、よろしくお願い致します!

 

 

エリア86御影とは・・・