カテゴリー : 2014年 9月

豊富なドリンクメニュー

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ネスレ1

さてこの度、御影店に新しいコーヒーメーカーが入りました!

更にクオリティをあげた本格的なドリンクをご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。

ネスレ2

週末は是非、AREA86御影へ!!

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第7戦岡山 決勝

<3日目>9月7日(日) 天気:晴れのち曇り  最高気温:29℃

ついにやってまいりました、決勝戦。

神戸トヨペットの社員も朝から応援に駆けつけております。

CIMG0488 CIMG0489

レース直前のKTMSのテントに足を運んでみました。

こちらでは谷口選手、当店のマスタースタッフが最終の調整をしています。

CIMG0448

CIMG0464

当店のお客様もテントに足をお運びいただきました!遠方の中いつもご声援いただき、誠にありがとうございます。お客様のご声援は私どもの励みでございます!

ここで”新”82号車を少しご紹介いたします。ショールームに展示させて頂いていたので、実際ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

CIMG0449 CIMG0452 CIMG0461

さて、レースの時間が迫ってまいりました。CIMG0475

11:10~ 決勝Aレース

ポイントランキング上位の選手が、予選で好タイムを出せず中盤にひしめき合います。スターティンググリッドでは、谷口選手16番手、山野選手15番手、青木選手22番手といった混戦模様となりました。

快晴の中、12周の決勝がスタート。

抜群のスタートを決めた谷口選手は、2コーナーまでに5台をオーバーテイク。更に前車をかわし続け、1周目でなんと8位まで順位を上げました。

7-15

その後一時7位まで上がるも、8位に後退。一進一退の攻防が続く中、周回は5周目に差し掛かりました。

7位争いの最中、裏ストレートからヘアピンに進入する際にアクシデントが発生。

7位の車両が前方の5位争いの車列に衝突。その反動で6位の車両がスピン。直後を走っていた8位の谷口選手は避けようとしましたが接触してしまい、左フロント部分を損傷してしまいました。

谷口選手は走行不可能と判断、ピットに戻りそのままリタイアとなりました。

 

予選前の雨、決勝でのクラッシュなど不運にさいなまれた岡山戦。岡山国際サーキットはKTMSチームがテストを行う場であり、いわばホームコースです。今大会の順位次第では、シリーズチャンピョンがほぼ決まるという重要な一戦でもありました。

非常に悔しい結果となってしまいましたが、今後ともチーム一丸となって更なる成長を遂げるべく努めていく所存でございます。

遠方の中ご来場いただきました方々、本当にありがとうございました。

これからも温かいご声援をよろしくお願い致します。

 

 

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第7戦岡山 予選

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

神戸トヨペットKTMS 86 (♯82谷口信輝選手)はこの度、

9月6日(土)、7日(日)に岡山国際サーキットにて行われたGAZOO Racing 86/BRZ Race第7戦にて、決勝5周目に発生したクラッシュに巻き込まれ無念のリタイアとなりました。

7-01

第5戦まで使用していた「初音ミク」カラーリングの82号車はAREA86御影に展示されることとなり、岡山大会からはカラーリングも一新した”新”82号車を投入いたしました。

新車となったKTMSチームですが、新車ゆえにアタリがついておらず、シェイクダウンの印象ではあまり速くない様子。新車のポテンシャルが十分に発揮されるかが勝負の分かれ目となりました。

 

<1日目>9月5日(金) 天気:曇りのち晴れ  最高気温:31℃

10:10~ スポーツ走行枠

13:30~ 専有走行枠

早朝に降った雨により、路面は一部ウェット状態。シェイクダウン時に懸念されていましたが、「初音ミク」号に比べるとタイムが伸びません。

専有では、丁寧にタイヤに熱を入れることで予選を狙ったタイヤ作りと割り切り、予選のアタックにかけることとなりました。

7-02 7-04

<2日目>9月6日(土) 天気:晴れのち雨  最高気温:30℃

10:00~ 公式予選

KTMS86は1組での予選に出場。ドライでの予選にかけていたKTMSチームでしたが、予選開始15分前からまさかの強雨に見舞われました。

一気にウェットコンディションとなり、ドライのセットアップを行っていたチームは下位に。

2組は路面コンディションが良くなり、1組とは比較にならないタイムがたたき出されました。2組トップの杉原選手がポールポジションを獲得し、谷口選手は予選16番手という中盤からのスタートとなりました。

順位争いが熾烈になる中盤では、過去にも接触が多発しています。

混戦が予想される決勝では、早い周回数でどれだけ順位を上げられるかがカギとなる、1週目が勝負。

と谷口選手が語っていました。

7-06

 

エリア86御影とは・・・