カテゴリー : AREA86 Racing

悲願の2014シリーズチャンピオン獲得

神戸トヨペットは、9月20日(土)・21日(日)に富士スピードウェイで行われたGAZOO Racing 86/BRZ Race第8戦にて、KTMS86で見事優勝を果たしました!!

2014シーズンの優勝回数は4度目であり、残り2戦を残してシリーズチャンピオンが確定となりました。

表彰台1人

(GAZOO Racingサイトよりリポート文一部引用)

今シーズン最多の91台がエントリーして競われた第8戦の富士スピードウェイラウンド。どんよりとした曇り空の中で行われた前日の予選から一転し、好天となった日曜日。

ミク号

決勝Bレースから2時間半のインターバルを空けて、午後1時30分より開催された決勝Aレース。ポールポジションスタートのNo.962織戸選手は、スタートでホイールスピンを喫し、2番手スタートのNo.30青木選手と3番手スタートのNo.82谷口選手に1コーナーまでに抜かれてしまいます。No82.谷口選手は、1コーナーに続くコカ・コーラコーナーでNo.30青木選手を抜くと後続を引き離しにかかります。

谷口選手アップ

ミクを見守る

 

谷口選手は、5週目までに2位との差を2.1秒まで拡げますが、ここでセーフティカーが導入。7週目に再スタートが切られ、No.82谷口選手は上手くここでもリードを築きます。

マスタースタッフ

そのままの勢いを保ちトップでチェッカーを受け、今シーズン4勝目をマーク。年間ポイントランキングで争っていたNo.30青木選手が4位となったことで、2戦を残してシリーズチャンピオンに輝きました。

表彰台3人

【結果】

決勝A/Bレース 周回数:10Laps

決勝Aレース:優勝

総合タイム:24’42.604(2位との差:0.650)

ポイントランキング:1位(148ポイント)

シリーズチャンピオン確定

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達神戸トヨペットは、KTMS(KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS)として

ドライバーの谷口信輝選手

MTEXの牧田監督

神戸トヨペットAREA86マスタースタッフ2名

神戸トヨペットKTMSマネージャー1名

の構成で今まで戦って参りました。

ミク号とKTMS

牧田さんと谷口選手

ここまでの道のりは、決して簡単なものではありませんでした。

天候の問題やタイヤの影響などで、勝ちたいけど勝てない、勝てそうだけど勝てない、そんな歯がゆい1年を過ごした昨年。

チームで色々と悩み考え行動に移し、0.1秒を削るための車のセットアップに大変シビアに取り組んで参りました。

哀愁に谷口選手

 

そういった苦労の中チームは一気に結束力を高めていきます。

そしてYOKOHAMAさんの素晴らしいタイヤ作り、谷口選手の華麗なドライブテクニック、牧田監督の的確な教え、マスタースタッフの技術が相まって初めて勝利した昨年のレース。

我々は涙を流しました。

ヘルメット

今年も岡山の試合で不運があったりと、良い時もあれば困難もありという山を登り続け、ついに我々はこの時を迎えました。

これも

いつも応援してくださっている皆様

どんな時も諦めず共に戦って下さった谷口選手、牧田監督

支えてくださっているスタッフの方々

のお陰です。

まだ残り2戦ございます!勝ちに行って来ます!!

今後ともご声援のほど、よろしくお願い致します!

1人記念撮影 記念撮影

 

祝!初優勝!

⑦

4月27日(日)、GAZOO Racing 86/BRZ  Race  第2戦がスポーツランドSUGOで行われ、ついに、チーム悲願の優勝を果たすことが出来ました!

昨年より参戦している86ワンメイクレースですが、思い返せば、我々のレースはSUGOから始まりました。

1年越しの、本当に待ちに待った初優勝です。

 ⑨

ポールポジションからスタートした決勝レースでは、様々なドラマが待ち受けていました。

谷口選手はスタート後から、順調に後方とのタイム差を広げていきます。

⑩

このまま逃げ切ってくれ・・・!

祈るような思いとは裏腹に、レース中盤にアクシデントが発生しました。

まさかのセーフティーカーが導入され、せっかく築いたタイム差が無くなってしまったのです。

セーフティーカー先導のまま、隊列を組みながら周回が重ねられます。そして残り3周となったところで、セーフティーカーがピットに戻ります。

谷口選手は抜群のスタートでトップを守ります。

⑪

後方では熾烈な2番手争いが繰り広げられていましたが、谷口選手のポジションは揺るぎません。

そして、歓喜の瞬間が訪れました。

ホームストレート横で見守っていた我々の目に、トップで帰って来る82号車の雄姿が飛び込んできます。チームメンバー全員がこの瞬間のために頑張ってきたのです。

⑱

すばらしいタイヤを開発してくださった横浜ゴム様をはじめ、皆様のご支援の賜物だと感じております。

皆様からたくさんのご声援をいただきまして、本当にありがとうございます。

これからも変わらぬご声援のほど、よろしくお願い致します。

⑫

⑥

 

 

 

 

 

 

 第3戦は5月17日(土)・18日(日) 富士スピードウェイでの開催です。

1,475mという世界屈指のロングストレートを持つ富士スピードウェイでは、どんなドラマが待ち受けているのか、非常に楽しみです。

 

ついに開幕!

__ 10

GAZOO Racing 86/BRZ Race 2014シーズンがついに開幕しました。

開幕戦は栃木県にあるツインリンクもてぎ、3月29日(土)~30日(日)の2日間開催です。

必勝体制で臨んだ今回は、金曜日の練習走行より好タイムを連発し、初優勝への期待はどんどん膨らんでいきました。

IMG_1083

そして迎えた土曜日の予選、他車が2分20秒台の中、何と1周目で2分19秒343をたたき出し、見事ポールポジションを獲得しました!86レースは予選・決勝と同じタイヤを使用しなければなりません。タイヤの温存も考えたスーパーアタックに見事成功したのです。

谷口選手のドライビングテクニックはもちろん、牧田監督の緻密なセッティング、奥村、大山の抜群のチームワークで成し遂げられた結果です。

IMG_1090

ここまでくれば優勝間違いなし!と言いたいところでしたが、我々にはひとつ不安要素がありました。

それは、、、雨です。決勝日である日曜日は、曇のち雨の予報です。

決勝は9:50スタートです。午後まで雨が降らないように祈りましたが、路面は既に濡れてしまっていました。

7

小雨の振る中、ポールポジションより10周の決勝レースがスタート!

ウエットコンディションでマシンコントロールが難しく、コースアウトする車両も出る中、谷口選手は順調に後方との差を広げていきます。

谷口選手のドライビングテクニックが冴え渡ります!

ですが、レース中盤になると雨が本格的に降り出し、ペースをあげるのが難しくなります。

後方からは5番手スタートの阪口良平選手(AREA86倉敷)が猛追してきます。その差はどんどんと詰まり、終盤でオーバーテイクされてしまいます。

抜かれた後も谷口選手はプッシュを続けましたが、結果2位でのチェッカーとなりました。トップとの差はわずか0.700秒でした。ちなみに2位と3位の差は9秒以上ありました。

__ 7

この悪天候下での2位完走はすばらしい結果です。

しかし、悔しさの残る結果でもありました。たられば・・・は言いたくありませんが、雨さえ降らなければ優勝できたかもしれません。

天候に左右され、戦略の奥深さ、優勝することの難しさを感じたレースとなりました。

__ 3

第2戦は宮城県にある「スポーツランドSUGO」です。次こそは必ず!との思いで臨んでまいります。

皆様のご声援、よろしくお願い致します。

 

【余談ですが・・・】

ツインリンクもてぎは86レースで走行したロードコースの他に、オーバルコースが有名です。

オーバルコースとは??陸上のトラックのような楕円型のコースのことです。陸上トラックと違うのは、コーナーに“バンク”と呼ばれる傾斜がついているのです。レーシングカーの速度でも遠心力で外へ飛び出さないようにするための工夫です。ツインリンクもてぎに行かれた際は、ぜひ“バンク”を体感してください!想像以上の角度でびっくりしますよ!

4

2014シーズンに向けて

 86test

 

GAZOO Racing 86/BRZ Race 2014 へ神戸トヨペットの参戦が決定致しました!

昨年に引き続き、ドライバーは谷口信輝選手、メカ監督にMTEX・牧田氏、メカニックはエリア86御影スタッフの奥村・大山の布陣でレースに臨みます!

3月29日(土)、30日(日) “ツインリンクもてぎ”での開催が初戦となります。今年は優勝、そしてシリーズチャンピオンを目指し、チーム一丸となって準備に取り組んでおります!

神戸トヨペットから86レースへ参戦することで、「クルマで走る楽しさ」をお伝えできるよう、精一杯取り組んでまいります!

レースの模様は随時、掲載する予定です!

皆様、ご声援のほどよろしくお願い致します!

①

レースの難しさを痛感!

2013090101

GAZOO RACING 86/ BRZ Race 岡山国際 第四戦、我々にとって第三戦目ですが、レースの難しさを痛感する結果となりました。

前日の予選で2位につけ、表彰台の一番高いところに登ることが現実味を帯びる中、我々は一つの決断を迫られていました。レース会場となった岡山国際サーキットは山の中にあり、その天気が読みにくいことで知られています。加えて、ここ数日は発生した台風が低気圧に変わり、天気を読むことが非常に困難でした。

そんな中、チームとして決勝当日のその時間は晴れると判断、晴天用のタイヤをチョイスしたのですが・・・結果は雨天。レインタイヤをチョイスしていない中のスタートとなってしまいました。

それでも我がチームのドライバーである谷口選手が我慢の連続というべき粘りの走りでなんとか入賞、ポイントをゲットすることが出来ました。

レースの大事な要素の一つである戦術の難しさを痛感した今回の岡山国際でした。

0022

表彰台!

2013081801

GAZOO RACING 86/ BRZ Race 鈴鹿 第三戦、我々にとって第二戦目にして表彰台に上がることが出来ました!

日が傾きはじめ西日が眩しい午後の鈴鹿サーキット!我々のチームの86が第三位でチェッカーフラッグを受けることが出来ました!

予選6位という結果から始まった決勝戦。6位から4位へ追い上げ、そこから手に汗握るバトル。まさに「我慢のバトル」と呼ぶにふさわしい戦いを制し3位へ。そのままチェッカーを受けました。

我がチームの谷口選手の技量、精神力が成せた結果であると思います。

そして、牧田メカ監督の指導のもと弊社・奥村、大山の両メカニックも頑張りました。この経験はきっとAREA86御影においてお客様にフィードバックされると確信しております。

神戸トヨペット AREA86 Racingへのご声援、よろしくお願い致します!

2013081802

20130803

 

初戦!

2013072901

神戸トヨペット57年の歴史についに独自でのモータースポーツの第一歩を踏み出しました!

ドライバーに谷口信輝選手、メカ監督にM-TEX・牧田氏、メカニックにAREA86御影スタッフの奥村、大山、マネージャーに弊社・花山という布陣で86/ BRZ ワンメーク レースに参戦!

そのGAZOO RACING 86/ BRZ Race 菅生 第二戦が我々にとっての初戦となりました!

28日の早朝に行なわれた決勝、我々のチームは5位に食い込みました。初戦ということもあり、マシンやその他諸々において様々な問題をたくさん抱えていますが、さすが谷口選手です。踏ん張ってこの結果をキープしてくださいました。

86/ BRZ ワンメーク レースを戦うことで得たものを必ずお客様にフィードバックさせて頂くことをお約束します。皆様、ご声援の程よろしくお願い致します。

エリア86御影とは・・・